2017年5月

一人ひとりの人権が尊重され 住み慣れた地域で心豊かに
夢を持ち続けて暮らすことができるまち ふくやま
(ボランティア活動推進計画)

この計画は、福山市が策定する「福山市地域福祉計画」を
具体化した行動計画となっています。

地域の日常生活で生じるちょっとした困りごとについて、
地域全体で考え、解決に向けてどのように取り組んでいくのかを具体的に示した計画です。

例えば・・・
○ふれあい・いきいきサロン などの居場所づくりの推進
○地域全体で行う見守り活動の強化
○ワンストップで対応できる相談体制の充実
                     などです。

bo

 

問い合わせ先
社協 福祉のまちづくり課
電話(084)928-1333
FAX (084)928-1331

 Page0001

「小さな命の意味を考える」

東日本大震災から6年となり、年月が過ぎることにより
貴重な教訓が薄らいでいるのが現状です。

今日いつどこで発生するかわからない自然災害に対し、
防災・減災への関心を絶やすことなく日頃からの備えに役立てましょう!

とき  7月22日(土)
    13時30分~15時30分
    (受付12時30分~ 申込不要)

ところ 福山すこやかセンター
    (1階 多目的ホール)

講師  「小さな命の意味を考える会」
    代表 佐藤 敏郎さん

テーマ 『小さな命の意味を考える』

<問い合わせ先>
  委員長 過田 悟
  電話/FAX (084)972-6293
    携帯  (090)3635-7649

 

2017年4月1日(土)から
『福山すこやかセンター南駐車場』の利用ができなくなっています。

 新たに、第2~第4駐車場を整備しておりますので、以下をご利用ください。
  ● 正面 第1駐車場
  ● 新 第2駐車場
  ● 新 第3駐車場(1~13・28~41番)
  ● 新 第4駐車場
  ● 第5駐車場(公用駐車場と兼用)

Page0001

 

担当:福山市保健所総務課
(084-928-1164) 

★★ 子どもから大人まで、家でも学校でも気軽にできるボランティア活動 ★★

無題

Q:使用済み切手を集めたらどうなるの?

A:① 社協のヴォランティアグループ「鳩の会」さんが整理して「誕生日ありがとう運動本部」
   (神戸市)へ送り、障害のある方たちへの活動の資金として活用します。
  ② 社協が業者に売却し、ボランティア(支え合い・助け合い)の活動の資金として
    活用します。

集める時のお願い
   切手の回りを1cmほど残して切ってください。
   ボランティアさんがスムーズに整理することができます。

 

[お問い合わせ先] 社協 ボランティアセンター
   電話(084)928-1346
   FAX (084)928-1331

 

無題

「虐待かな?」と思ったら福山市障がい者虐待センターにご相談ください!

虐待によって障がい者の権利や尊厳が脅かされることを防ぐため、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(通称:障害者虐待防止法)が2012年(平成24年)10月に施行されました。

社協では“障がい者虐待防止センター”を受託し

●障がいのある方への虐待に関する通報及び届出の受理  ●養護者による障がいなある方への虐待防止  ●虐待を受けた障がいのある方の保護のための相談・指導及び助言などの業務を行っています。

虐待を受けた人・見聞きした人は連絡をお願いします。連絡は匿名でもかまいません。通報を受けた場合は、行政と連携して適切に対応します。

【連絡先・問い合わせ先】社協 安心生活見まもりセンター(障がい者虐待防止センター)電話(084)928-1354 FAX(084)926-7111 緊急の場合は24時間で対応しています。

 

「がん検診」は自覚症状のない健康な諸君が対象が対象なのだ!

Page0002-1Page0001-1

日本人の2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で亡くなっておる!諸君ひとごとではないぞ。

言い訳無用!一刻も早く「がん検診」を受けたまえ!!